メニュー

2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年9月
2004年8月
2004年7月
2004年6月
2004年5月
2004年4月
2004年3月
2004年2月
2004年1月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年9月
2003年8月
2003年7月
2003年6月


[3367]   可哀想ですね  −H29.10.17 (火)−


寒いかと思えば暑くなる。
暑いかと思えば寒くなる。
まさに秋ですなあ。

これでは体調不良になる人が出てもおかしくないですね。
かくいう私も実は今朝、髭を剃ろうと鏡を見たら顎にニキビ(20代からは吹き出物?)が出来ていました。
これも偏に毎日の昼食のカップラーメンのお蔭でしょう。
有難い事です。
ナマンダブ。ナマンダブ。
なので今日は昼食を抜いてみました。
きっと明日にはプリプリのお肌に戻っている事でしょう。
ナマンダブ。ナマンダブ。

さて、そんな青春の話は置いておいて希望の党です。
スミマセンネ。
選挙が近いもので、そのネタがどうしても増えてしまいまして。

民進党の悪党、いや違った残党が「希望の党」に入れて貰う際に、「憲法改正」と「安保政策」や「外国人への参政権付与の反対」などを、受け入れられるなら一緒にやりましょう。との事で入れて貰いました。

それを反日マスコミ。
偏向報道しかしないマスコミは「踏み絵」と言ってしまう。

何でしょう?
本当不思議なのですが、希望の党と民進党が合併した訳では無いのですよね。
民進党が「このままだと消滅するので入れて下さい。お願いします」と頼み込んで入れて貰った。

入れる方からすれば当然「うちはこういう思想ですよ。こういう政策を持っていますよ。それを一緒に推進して行けるのならばどうぞ」と言った訳です。

条件を出すのは当たり前の話です。
逆に何の条件もなかったら、「何のための政党?」という事になります。
希望の党は民進党を救うために作られた政党では無いのですから。

その当然の話をマスコミは「踏み絵だ」と悪意を持って報道する。
踏み絵とはキリスト教が禁止され、改宗を求められて、キリスト教徒ではないならば踏みなさい。と言われたものですからね。

無所属でも出れる議員が「当選できそうな方に・・・」と言って行ったのとは訳が違います。
誰に強制された訳でもないる

民進党の議員達は
「是非、入れて下さい」
「その条件でOKです!」
「何と言っても実は私は昔からリベラル保守ですから!!(笑)」
と言って入った訳ですよね?
議員総会で反対意見も出ず、全会一致で決まったのですよね?

それにも関わらず、希望の党が失速したと見るや、
「当選したらまた民進党に戻るね」や
「やっぱり僕は納得がいってないんだ」や
「憲法改正なんて絶対反対!!」と
言いだしている。

どうなのそれ?^^;
しかも、つい2週間くらい前の話ですよ。
しかも、それが国民のリーダーである国会議員ですよ。

求人の条件を見て、説明を受けてから入社していながら、
「やっぱりこんな条件では働けない」
「もっとこうして欲しい」
「本当は嫌だった」
という様な事を言い出している様なものですよ。^^;

本当、希望の党がちょっと可哀想ですね。
左も右も集中砲火。
いや、集中して無視または悪しざまに書かれる。

これっぽっちも応援はしていませんが、それにしても酷いなと。
「民進党を始めとしたサヨクがどれだけ見苦しいのか」、「連合なる組織が何者なのか」を見せてくれただけでも、それは感謝すべきだと思いますよ。

しかしこれで本当に選挙後、希望の党で出馬した議員達が選挙後に民進党や立件民主党に行ったら大笑いですね。^^;


[3366]   候補にお会いしました  −H29.10.16 (月)−


本日、並びにある選挙事務所の候補者の「高鳥修一」さんご挨拶に来られました。
昨日、選挙事務所にケーキを差し入れしたので、そのお礼も兼ねてとの事。
6区の選挙権もないのに申し訳ない限りです。><;

きっと新潟では自民党が全勝し、そして野党候補者に比例復活もさせない事でしょう。
と、願っております。

新潟県って本当、不思議な土地柄なんですよね。
保守的な土地で自民党が強いのかと思えば、新潟の地方紙は赤旗レベルのサヨク。

世の風潮が旧民主党ブームの時には民主党全員当選。
自民党に勢いがある時はほぼ自民党当選。
浮動票が多いという事なのか。
また特にこだわりがないのか。

何せ前回の選挙で当選した知事がアレですからね。
「もう、どっちなのよ???」という感じです。
そこら辺は浮動票しかない様な大都会と似ているのですかね???

まあ今回の選挙。
22日開票なので残すところ5日。
是非、自民党候補者には頑張って貰いたいと思います。

ちなみに高鳥修一候補に「どうですか?勝てそうですか?」とお聞きしたところ、「負ける訳にはいかないです!!」と気迫の籠った言葉が返って来ました。
空手五段には見えませんでしたが、何か「熱さ」のある方でした。

是非とも勝利して欲しいと、ご近所さんだからというだけでは無く、心より願っています。

そう言えば私の投票権のある選挙区の新潟一区。
石破茂の子分であり、どうも思想的に左っぽくて、坊ちゃん官僚の雰囲気バリバリの石崎徹候補。
正直あまり入れたくないのですが、でももう一人が当選する事を考えたらそんな事は言っていられませんからね・・・。
19日に不在者投票して来るとします。

本当、23日が楽しみです。


[3365]   SNSの達人に  −H29.10.15 (日)−


うーむ。
ある仕事のために「Twitter」を使いこなそうと思ったのですが、どうも今一つ理解できません。
と言うよりも、あれの使い方が見えて来ないのですよね。

どういうルールに則って投稿されるのか。
どういった目的を持てば良いのか。
投稿内容はどんなものが良いのか。
などなど。

「Facebook」は大丈夫です。
あれは実名なので、基本的にはお客様に対しての存在をアピールする。
仕事だけでは無い自分の姿を投稿する事でより身近に感じて頂く。
といものがメインとなるであろうと。

まあ、他には最初に閃いた「初恋の人探し」のためかと思いましたが、女性はFBはあまり投稿しませんし、そして何より「旧姓」しか知らず、ましてやその旧姓すらうろ覚えとなると、この発見は不可能でした。

あとはFBの場合は、やはり実名なので仕事とは関係ない、学生時代の同級生と繋がったりしますね。

そしてもう一つ不明なのが「Instagram」。
俗にいう「インスタ」ってやつです。
これは私もやっています。
というか、たまに投稿します。
年に1〜2度ほど・・・。

これもよく分からないのですよね。
たまに開いて見てみるのですが、見た後に何をどうすれば良いのか分からない。
しかもあれも匿名というか、氏名ではないアカウント名ですから、その画像を投稿した人のアカウント画像を見て、FBと結び付けて考えるしかない。
あとは画像から想像する。

私も一応ながら現代社会に生きている一人の初老の男性なので、まだまだ「歳なのでわしゃもう分からんよ!><;」というのもねぇ。
ましてや広告の仕事をしている身でもありますし。

使っていれば分かるのかなあ???

しかし本当、世の中全て実名にして貰いたいですね。^^;
人生において大事なのは
「何を言ったか」ではなく
「誰が言ったか」なのですから。

とりあえずTwitter。
自分でやるか、任せてみます。
業種を考えるとTwitterが一番効果がありそうなのですよね。

どなたかTwitterの達人をご存知でしたら教えて下さい。
または「Twitterってこういうものよ♪」と教えて頂ける方、私のアカウントまでご連絡ください。
アカウント名は「@kondonanoyo」です。
ただし、送られても気付かない可能性が高いので、お会いした際にお願い致します。
うははは^^;


[3364]   好きなもの  −H29.10.14 (土)−


まったくどうでも良い話なのですが、私は洗い物が好きです。
家には食器洗いなんとか機があるため出番はありませんが、仕事で洗い物が出たりすると洗うのが嬉しくなります。
出来れば山盛り洗いたいのですが、これはお客さま吸う次第なのでね・・・。^^;

ちなみにトイレ掃除も苦になりません。
というか好きな方です。
出来ればかなり汚れている方が、綺麗にした時に達成感があって満足できます。

と言っても、「トイレの掃除が苦にならない」という事であり、「大好き」や「トイレ掃除がした〜〜〜い!!!」と叫ぶ事はありませんけどね。^^;
「トイレ掃除がまったく苦にならない」という感じです。

そう言えば生まれて初めてやったアルバイトが皿洗いでした。
高校生の時の話。

伊勢丹の中華料理のレストランの皿洗い。
最初は友人と3人で始めたのですが、いつの間にか一人で黙々と皿洗いをしていました。

何か気分が良いのですよね。
キレイになって行く、キレイにする。というのが。
特に鍋であろうが、お皿であろうが、洗えば綺麗になりますので。
やはり「達成感」なのでしょう。

ちなみにそのアルバイト。
料理長は部下の料理人達に凄く厳しい人でした。
声を荒げ、キツイ言葉を投げつける。
でも何故か皿洗いの私には丁寧に優しく接していました。
当時は皿洗いのアルバイトがあまり集まらなかったからなのかも知れませんね。

ただ、ジャンジャカとやってくる鍋やお皿を洗うのは楽しかったのはハッキリと覚えています。
そして「これでお金を貰って良いのかなぁ・・・」なんて思った事も。^^;

他にも四国に住んで釜飯の宅配の仕事をしていた時も、釜やお茶椀を引き取ってきて洗うのが楽しかったです。

まあ何を言いたいかと言いますと、、、
特に何か言いたい訳ではありませんでした。
ただ「私は洗い物が好き」という事を再認識しただけでした。
うはははは^^

そう言えば女性は「料理・掃除・洗濯」の3つの家事について、必ず「好き」と「普通」と「嫌い」があるとの事です。
これは男性も同じかも知れません。

これまたどうでも良い話ですが、私が嫌いなのは恐らく「洗濯」でしょう。
これは綺麗にたたむ自信がないからです。

「普通」は料理。
人生において一度もやった事がありませんが、まあやれば出来るのではないかと。
美味しいかどうかは別にして。

「好き」は掃除ですね。
家では一切やりませんが、箱庭の掃除なんてこんな隅々まで人生においてやった事が無い。
という位に階段の隅っこの埃までキレイに取ります。
アイコスやgloの炭を取るのも好きです。

うーん・・・
いや、これは「たまに」なのと「仕事」だからかな???
お客様を綺麗な状態で迎えられるのは気持ち良いですからね。
でも子供の頃も掃除をする時は徹底的にやらないと気が済まなかったしなあ。
いや、あれも「たまに」だったからか???

うん。
私は家事に向いていない男という事ですね。
仕事頑張ります。

はい、明日は何か中身がある事を書きます。
すみませんでした。。。


[3363]   単身赴任祭り  −H29.10.13 (金)−


本日からしばらく私は気ままな単身赴任の一人暮らしです。
まあ、住いはいつものあそこですけど。
うははは^^

昨晩、息子達に「お父ちゃんはしばらくいないけれど寂しいか?^^」と聞いてみたところ、小4の息子は気を使っているのがありありと分かる感じで・・・「寂しいよ」と。

それならばと小1の息子に「寂しいか?ん?^^」と聞いてみたところ、「お父ちゃんがあんまりいないと、いないのが普通になるよ」と、「ドッキリ神回避2」の29面をやりつつ答えていました ・・・。

もう帰り(れ)ません・・・。orz

うははははは^^

まあ、私も子供の頃は父親が家にいないのが普通でした。
2週間に一度帰って来るか来ないかという感じ。
なので「今日はお父さんは帰って来る?」と母親に確認する感じ。

ちなみにこの「帰って来る?」には、父への尊敬や愛よりも「帰って来たら叱られらから嫌だな」という強い思いがあった事は否定出来ません。
何せ厳しい父でしたから・・・。

・・・というイメージがあるのですが、大人になって思い出してみると、実際はそんな事は無かったのですけどね。^^;

まあ、そんなこんなで単身赴任生活。
旅の始まりです。
楽しんでいきます。
さて、今夜のツマミ何にするかな〜っと。(笑)
そのうち馴染みの居酒屋とか出来ちゃうやも知れませんね。ウヒヒ


[3362]   CIA祭り  −H29.10.12 (木)−


行って参りましたCIA祭り
呑んで参りましたCIA祭り
gloを落として参りましたCIA祭り

・・・
・・・・・
・・・・・・・
・・・まあ、その後gloは無事発見されて明日には手元に届くのですけどね。

「もう見つからないな」と諦めて、帰りのコンビニで危うく買うところでしたよ。ええ。
でもどこも品切れで買えずにラッキーでしたよ。ええ。

という事で、何故か本日も筋肉痛のCIA祭りです。
プロレスに参加していない筈なんだけどなあ・・・。
ヒールの人に叱られた筈なんだけどなあ・・・。



今回は大人4名。
子供2名の合計6名の少数精鋭。^^



昔はあんなにちびっ子だったのに大きくなっちゃって・・・



昔はあんなに可愛かったのに大きくなっちゃって・・・



そして「母心」登場!!
みちのくボンガーズの方々も!
新潟ネタを沢山して貰ったのに、内輪の話で夢中になってしまっていて申し訳ありませんでした。。。;;



そして人生社長のロープ渡りも見て・・・



毎年恒例の社長の記念撮影。
気仙沼次郎さんが「よく考えたら、ここ数年私プロレスしていないんですよね・・・」と言っておられましたが、来年は是非見させて頂きたい所で。

名曲「海の魂」を聞けるのは幸せですけど。



そして社長のライブで今年も締めでした。^^

思っていた以上に寒くなく、10月も有りだな・・・と思ったり。
今回は私が繁盛屋を始める際に修行させて頂いた「ひかりディスプレイ」の広海さん(ドラム)とも沢山お話させて頂きまして、より楽しく過ごさせて頂きました。^^

いや〜本当、毎年毎年楽しいです。
昨日、帰って来たら子供達に「良いなあ〜CIA祭り。行きたかったなあ・・・・」と愚痴を言われました。^^;

来年は8月8日に是非開催して欲しいです。
まあ大丈夫でしょう。

という事で・・・
CIA祭りのためのお酒で今年は締めさせて頂きます。



清酒「言訳」
CIAの社訓は「言い訳すんな」です。

この清酒を飲んで、言い訳をグッと飲み込めという事でしょう。
うちの会社にも送って貰い、言い訳が出たらそっとこのお酒を呑むか、渡すかしますかね・・・。
うはははは^^

来年もとても楽しみにしております。
CIAの皆さま、出演された皆さま。
本当にありがとうございました。m(__)m


[3361]   明日はCIA祭り  −H29.10.9 (月)−


明日は1年と2カ月待った「CIA祭り」です。





今年は天候のため社長の誕生日が変わり、8月8日から10月10日に。
トツキトオカってやつですね?
いや、ちょっと違うか。

いつもなら、CIA祭りを一番喜んでいるちびっ子も連れて行く所ですが、翌11日が「秋休み」なるもののが終わる始業日との事。
なので、今回は関東のちびっ子と共に参加して参ります。

よーし!!私の子供もいないので呑むぞ〜
呑むぞ〜
呑んだくれるぞ〜
と気合を入れておりますがしかし・・・

ちょっと寒いかも知れませんね。
東北で、山で、10月ですからね。
以前8月でも滅茶苦茶寒い時がありましたからね。^^;

という事で、極寒の中でも生ビールが20杯は軽く飲める様に、ダウンコートやセーターなどを持って行く予定です。
初めての秋CIA祭り。
どんなになっても楽しそうです。^^


[3360]   イベント日和  −H29.10.8 (日)−


世の中は三連休でイベント盛り沢山ですかね?
私の旅先でも宗教の開祖様の誕生日という事でお祭りが開かれていました。

それがまた凄い規模。
公共の駐車場はそのお祭りのために使用が出来なくなるわ、朝の五時前から人が続々集まってくるわ。

気になって調べてみたら、商店街では「自慢コンテスト」なるものが開かれているそうです。
とにかく何でも良いので「自慢できるモノ、コト」をアピールするとか。

私も何か自慢出来ないかと思いましたが、社員達が近くにいないので出来ませんでした・・・。
うははは^^

そして私の旅先のお店の並び、隣の隣に選挙事務所が出来ました。
大家さんから「一か月くらいうるさくなるけど勘弁ね。^^;」と連絡が入った時に、「変な政党の選挙事務所だと嬉しくないなあ・・・」と思っていたら自民党でした。

本日、出陣式?選挙前の決起集会?だったのか、朝から沢山の車とスーツ姿の方々が集まってきておりました。
耳を澄ますと「熱い激」が飛ばされており、私も心の中で「頑張れ!!」と叫んでいました。

自民党候補者には「頑張れ!!」と伝えたい所ですが、突然行っても、ましてや選挙の票も持っていない私では何の役にも立てないので、とりあえず選挙期間中もここにいたとしたら、選挙カーが帰って来る度に外に出て手を振ろうと思います。

いや、帰って来るのは八時過ぎだから無理か。
うん。出発の時にします。

今回の新潟の選挙区では、元民進党議員はみな無所属での出馬なので、比例復活も無く、安心して見ていられますね。
しかも共産党は共産党で別の候補者を出してくれているみたいですし。

地元紙がアレですから、左の強い土地ではありますが、今回の選挙では自民党候補者全員当選!!となる事を願っています。

「希望の党」は新潟県は関係がなくて良かったです。
あそこから出馬したらどこの票が食い荒らされるのですかね?
古巣の民進党?
浮動票?
それとも保守の自民党?

それも、今回の選挙結果で答えが出るでしょうから、ちょっと楽しみです。
まあ、次の衆議院選挙に「希望の党」があるとは思えないのでその情報は役立ちそうにないですけどね。^^;

本当、希望の党ってどんな人が支援するのですかね?
サヨクでは無さそうですけど。


[3359]   快適を目指して  −H29.10.7 (土)−


私の旅は基本的に車中泊です。
何せ車を選ぶ基準が「車内で寝られるか?」なので。^^;

で、いつもは柔らかいダブルまたはシングルのマットを敷いて寝ています。
なのですが今回、以前は気にならなかった段差が妙に気になり、硬めのダブルのマットにしました。

すると何という事でしょう。
家で感じるよりももっともっと硬い。
板の上に寝ている感じ。
お蔭で昨晩はフラットになっているのに、板の上で寝ている気分。

他の方法としてまずはデラ板などの板をシートに敷いて、その上に柔らかいマットを敷くという方法がありますが、これはちょっと面倒くさい。
旅が終わった際にその板を出すのが。

大分前にエアーベッドを車内で膨らませて寝ていた事もあるのですが、これはポヨンポヨンしていて動くのも一苦労だったのですよね。

車内で快適な睡眠を得るためには、キャンピングカーを買うか、デラ板を敷くしか無いですかねぇ。。。
今朝なんてキャンピングカーをネットで調べちゃいましたからね。

ただハイブリッドの車種がまだないみたいなので、燃費が悪いのですよね・・・。
もう少し何とかならんものかなあ。

自動車メーカーさんには、車中泊が流行っている世の中なので、何か工夫を考えて貰いたい所です。
座っている時とフラットにした時の段差はジョイント部分を工夫すれば何とかなりそうな気がするのですけどね。

硬いマットの上に薄いけど柔らかいマットを敷くという手もあるな・・・。
いや、それはデラ板を敷くのと同じ手間かな???

ちなみに二列目シートを前に出して、三列目を上にあげるとシングルであれば十分なスペースが取れます。
これはほぼフラットになり、中の様子も見えなくなるので、良いと言ったら良いのですが、ただ起きた時に閉塞感があって快適な目覚めとはいかないのですよ。
それと荷物の場所が少なくなるというマイナスポイントもある。

と、一人で最高の車中泊を考えながら、本日も温泉に入って、さっぱりした後に冷蔵庫で冷やしたビール片手につまみでも突きつつ、硬いマットで寝るとします。

ただ車中泊は本当、下手したら家より快眠出来ますからね。
運転手がいて、布団で寝ながら移動している時なんて気分は寝台列車ですよ。(笑)


[3358]   真意を読む  −H29.10.6 (金)−


ある本を読んでいて「なるほどなあ」と思ったのですが、指導者階級や富裕層、まあ簡単に例えると「支配者階級」の(悪い)人達は、出来る限り教育を受けさせたくないと考えるそうです。

理由は簡単で、
思考力がない
知識がない
知恵がない
そういった人の方が使いやすいから。
との事。

下手に知識を与えると、自分達の置かれている状況がどの様な状況なのか理解したり、それに対しての不満を持ってしまうからだそうです。

そのため「頭の悪いままでいて欲しい」と考え、教育の機会を無くす。減らす。内容を薄くする。
との事。^^;

ふと、日教組による「ゆとり教育」もそんな裏の悪巧みの一環だったのかも???なんて思ったりもしました。

出来る限り覚えるものを少なく。
円周率は3.14の小数点以下を無くして3。
土日を休みにさせて勉強の日数も減らす。
これらも愚民化政策の一環だったのかなと。

おかしいですものね。
日教組の先生方にしても、官僚達にしても、その人達は凄く勉強した人達の筈なんですよ。
それこそ周りがゲームや何かで遊んでいる時に、一所懸命に勉強した人達。

その人達が「勉強なんて大して必要ないよね〜」、「円周率って3で良いんじゃない?」、「休み多くしてもっと遊ばせよう」なんて思うのでしょうか?

自己否定でしかない。

いや、私の様に勉強もせずに遊び呆けていた者が言うなら分かりますよ。
「大人になったらサインコサインタンジェントなんて使わないから(笑)」
「勉強なんて出来なくても良い。たくましく、大きくな〜れよ♪」
と言うのならば。

でも違いますよね?
そりゃあ必死に勉強した人達が、「猛勉強なんていらないよ。ゆとりが大事さ」なんて本気で言いますかね?
もし万が一、暗い青春時代を送っていたとしても。

そんなに勉強が嫌いなのに、必死に勉強せざるを得なかったのでしょうか?
そして、そんな人が学校の先生になりますかね???
だって勉強嫌いなんですよ。
なのにその勉強を教える職に就きますかね??

という事で、日教組といい、文部科学省の一部官僚といい、実は「日本人愚民化政策」を推し進める、何か別の魂胆があったのではないかと思う次第であります。

今の世の中の「好きな仕事、やりたい仕事をやるのが正しい」、「嫌な仕事、少しでも気に食わなければどんどん転職すべし」というのも、これも日本人から「勤勉さ」や「労働力」、「活力」を奪い取る策なのではないかとも思ったりします。

また、「年功序列」や「終身雇用制」の日本社会が持っていた強さの秘訣を消し去ったのも。

うーむ。
何か確実な意図を持って悪巧みをしている者達がいますね。
間違いなく。
純粋な善意とは考えられませんから。

という事で、甘い言葉を囁く者達の後ろには、かなりの悪巧みがあり、最後にはペロリと一飲みにしてやるという悪意があると理解しておきましょう。

本当、そんなに日本が嫌いなら出て行けば良いのに。
便衣兵ですね。
と勝手に思う旅の初日。


[3357]   一次帰郷  −H29.10.5 (木)−


旅から一旦帰郷。
が、明日からは3泊4日。
戻って来た翌日は福島へ1泊2日。
一日置いて、今度は5泊6日。
の繰り返し。

今月は新潟市には木曜以外は殆どいませんので、御用の方は木曜を狙ってお声掛けください。^^;

私もどこぞの社長達の様に、「参加している勉強会の研修なんだ〜♪」と言って海外旅行でも行きたい所です。
うははは。^^

そういえば息子が学校の授業で歴史の新聞を作りなさいと言われて、武田信玄をテーマに新聞を作っていました。
読んだところ、最大のライバルが「止杉謙信」だった所は笑いましたが、なかなか良い出来でした。

やっぱり「武田節」ですよね。
私も京を目指して頑張ります。
途上で死の床に臥さぬ様に気を付けます。

しかし色々な経験が出来るというのは楽しいものですね。
休みの朝からビールばかり飲んでいたら、なかなかできない経験です。
より楽しんできます。(笑)


[3356]   第64回アノ方日記  −H29.10.4 (水)−


昨日もあの中身のない日記を書いた直後にアノ方よりメッセージを頂き、日記をお送り頂いたことに気付きました。orz

今回も1日無駄にしてしまいましたが・・・

どうぞ!!^^

・・・・・・・・・・

世渡り上手な小池都知事(人呼んで『緑の小池』)が代表になってしまった希望の党に合流する元・民進党議員の方々。

排除されないための条件に、安保関連法案に賛成、という項目があります。もちろん民進党は党全体でこれに反対しましたので、今回の騒動による変節といえば変節、転向といえば転向でしょう、間違いなく。

ただ、もしかしたら、心の奥底では安保法案に賛成であったし、必要だと思っていたかもしれません。「保守」を自任する政治家であれば当然のことと思います。

しかし、「運のいい」ことに、この法案が俎上に上がっていた時は「野党」。したがって、紛糾必至な法案審議の際は反対し、審議拒否しても、最終的には政権与党が「強行採決」してくれるわけです。

すなわち、本来積極的に賛成したかった議案なのですが、多くの「野党」「マスコミ」、そしてごく一部の「国民」が強硬に反対する中、これに賛成するのはリスクが大きい。

しかしラッキーなことに、与党がその汚れ役をやってくれる。

採決の時が来たら、委員長をとり囲んだり、「アベ政治を許さない」とか「自民党って感じ悪いよね」とか書いたプラカード・パフォーマンスに徹していればよい。そうすれば、怒号の中強行採決した与党の評判はガタ落ち、しかし本当は必要だと思っている法案は可決されるという、一石二鳥。

あー、なんて世渡り上手だったのでしょう、民進党。

個人の意見ですが、そもそも議会で多数を持っていて与野党対決型法案を審議する際、審議が尽くされた、あるいは野党が審議拒否して全く進まない、という状況になったのなら、速やかに採決すべきと思っています。

だって野党は、与党が強行採決をするのを「待ちかまえている」わけです。法案が可決されるかどうかは二の次で、まずは与党、要するに自民党の評判が落ちさえすればOK。

そもそも、ここ数年野党が強硬に反対した法案、これが可決され法律として効果を持って以来、はたして野党が反対を叫んでいた理由の通りの世の中になりましたか?
なっていませんよね。

現実に向き合わずに、反対と安倍総理批判だけしていれば、いらぬスキャンダルを起こさない限りは安泰。それが野党ですね。

これがまかり間違って政権の座に就いたりすると、さあ大変。自分たちが唱えていた「理想」(間違っていると思いますけどね)とリアルな政治のプレッシャーに押しつぶされ、瓦解。村山首相を擁したかつての自社さ政権、この法則により日本社会党は壊滅に進んでいきました。

保守に純化していくとはいえ、緑の小池党は所詮元民進党。議員同士の連帯感はあるのでしょうか。安倍政権憎し、だけしか実は一致するところがないような(これだって、本当は安倍総理しかいない、安倍さん大好き、なのに言えないだけかもしれない)。

いや、それよりオーナー党首のほうが問題ですか。自民党はなんだかんだ言っても、党内民主制が機能しています。総裁選挙があるのですから。その結果が安倍一強だろうが、これを独裁とは言わないのです。オーナー党首は、独裁に近いですね。

巷間、希望の党は相当議席を得そうとの見方をされていますが、本当でしょうか。前々回の維新ですら、前評判のわりには50数議席に終わりました。希望の党にそれ以上の集票力があるのか疑問です。

頼りない若狭氏、民進党色強い細野氏、そしていきなり小池党首、しかも総選挙に「出ない」という。合流のドタバタや、排除という強い言葉に有権者は甘くないと思います。既に崩壊に向かって進んでいるような印象しかありません。

若狭さん、最初一院制を政策?に上げていましたが、その後どうなったのでしょう。二院制だとスピード感が足りないのであれば、乱暴な言い方ですが審議拒否はNG、強行採決はOK、でいいじゃないですか。

そういえば前半で「世渡り上手」と書きましたが、あれは「卑怯」と読んでくださいね。


[3355]   付き合う相手は大事よ  −H29.10.3 (火)−


旅の途中2日目。
昨晩は近所のスーパーでタイムセール品の中華三品セット(チャーハン・焼きそば・レバーの炒め物)を食す。
アルコールは発泡酒2缶。
流れる映像は「ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る シーズン2−8」。
微表情を見つけたらそれを指摘すると、人は観念してしまうと知る。
快適な睡眠を取りつつも、隣の白髪ポニーテールのご老人が気になる。
目覚めた後、今日1日の幸せを誓う。

と、何か旅っぽい感じで毎日更新をしたら、日記を書くのが凄く楽になるのではないかと思いましたが、これはこれで大変そうです。

でもパターンが決まっている出だしというのは楽ですね。
これはこれで良いかも知れんな。
まあ、読む方はまったく面白くないでしょうけど。
うははは。^^

さて、仕事に限らず人間関係というのはどういう人が周りにいるのか?というのが大事です。

負のオーラを全開にしている人
文句ばかりを言う人
やる気のない人
頭の回転が鈍い人
暗い人
何かを勘違いしている人
他人に頼るのが当たり前の人

上記の人が周りにいると自然と自分もそちらに引っ張られていきます。
それに対して

明るい人
笑顔の人
元気な人
頭の回転の速い人
前向きな人
信頼できる人
自分から行動できる人

上記の人が周りにいると、そちらに自然と引っ張られるだけではなく、不思議と周囲の状況も好転して行きます。

いやいや、これ本当。
実体験ですから。
ここ最近、「安心して任せられる」と思える様になったら、急に受注件数が増えましたから。
ビックリデスヨ。

もし自分が前者であれば、後者の人と付き合ってみてください。
そしてもし後者なのであれば、是非とも前者を同じ後者になる様にがんばっ・・・
いや、付き合わない方が良いかな。^^;

ほら、実在するかどうか分からないブラックホールですが、もし万が一実在したら光さえも飲み込んでしまうと言いますしね。
水は低きに流れるとも言いますし。

笑顔を向けつつ、ジワリジワリと後退して行くのが良いでしょう。
近付いても良い事が何一つないですからね。^^;

まあ明るく、楽しく、元気に、真剣に生きて行くのが一番です。

あの民進党が解党されて、希望の党に受け入れ拒否をされた面々だって、多少なりとも「立件民主党」だか「立憲君主党」だか 「ポッキー食べたい党」だか何だかを作って、少しは前向きになれたでしょうし。
本当、これでサヨクは共産党以外全滅になったかと思っちゃいましたよ。
いや、あれは極左か。

まあ選挙結果も今後の行く末も目に見えてはいますけどね・・・。


[3354]   カリフォルニアに住みたい  −H29.10.2 (月)−


本日からしばらく新潟市にいるのは木曜日だけになりそうです。
という事で、新潟市外からの一発目の更新です。

一昨日、昨日と茨城県へ行って来ました。
日本全国で使い古されたネタだとは思いますが、「いばらきけん」であって、「いばらぎけん」ではない。
バドミントンとバトミントンみたいなものですね。

で、何故「き」なのに「ぎ」と呼ばれてしまうのか考えてみました。
その理由は「宮城県」にあるのではないかと。
みやぎけんは同じ「城」で「ぎ」です。
日本での知名度的には茨城県より宮城県の方が高い様な気がする。
その結果、いばら「ぎ」県と呼ばれる様になったのではないかと。

まあ、ただ単に日本人の発音的に「いばら」のあとは濁点の付いた「ぎ」の方が発音しやすいから。
という事かも知れませんが。

と、適当な話はこれ位にして。。。
茨城県へ行った目的はこれです。





9月30日はJAXAと宇宙兄弟のコラボイベント(?)でした!!

凄いですね宇宙兄弟。
来ていた大人の7割以上は宇宙兄弟ファンだった筈です。
毎年、このJAXAのイベントに来ている人が開場を待っている時に「去年はこの半分以下だった」と言っていましたから。^^;

そりゃあねえ・・・。
子供が宇宙飛行士になれば、カリフォルニアで余生を過ごせますからね。
漫画の面白さだけでは無く、親も夢中になる訳ですよ。ええ。特に私が。

でJAXAをうろちょろ、うろちょろし、ディズニーランド並みの行列にぐったりしつつ見学三昧をしていたら・・・



「茄子田所長」に遭遇!!
続いて・・・



ムッタもいました。
月から返って来たのでしょうか?

そういえば本物の宇宙飛行士である「大西宇宙飛行士」もいました。^^

本当は2日続けてJAXAに行きたかったのですが、どうもうちのちび達には宇宙兄弟の素質がないのか、または親がのめり込み過ぎなので敬遠されているのか、却下されました。orz

で、行ったところが茨城県の最強兵器と呼ばれる「牛久大仏」と茨城県自然博物館。



全長120mの世界最大の仏像様です。
中はディズニーランドのホーンテッドマンションの様な造り。
インド?ネパール?の仏教の本場っぽい所からもお客様が来ていました。^^

で、自然博物館ですよ。



羽のあるティラノサウルスがいたりしました。
でももし羽があったら、羽も化石になっていると思うのですよね・・・。
まあ鳥類へと進化を遂げたという学説は面白いとは思いますが。

そして私が子供の頃に自然科学博物館で、親に懇願をして買って貰い、勇気を振り絞って蓋を開け、恐る恐る触っり、目を閉じて太古の時代に思いを馳せた、

恐竜以上に好きなのが・・・



アンモナイトです!!!
アンモナイトコーナーがありましたからね。
みんな大好きアンモナイトですよ。

で、お土産コーナーで恐竜の人形を買おうとする子供に熱く、強く、しつこく、しつこく、しつこく、「アンモナイトの人形を買え」と言ったのですが、結局はイクチオザウルスの人形に負けてしまい、、、



自分用に買いました。

もう嬉しくて、嬉しくて。
子供にアンモナイトの魅力について熱く語り、終いには「イクチオザウルスよりもそっちにすれば良かった・・・」といじけさせてしまいました。
うはははは。^^;

このアンモナイトの人形。
足の部分がまた気持ち良く、貝の殻の部分がまた渋い。
これからは、私の車の助手席に乗っている筈なので、触りたい方はお声掛けください。

家に置いておくと子供に取られるのでね・・・。

とまあ、蝙蝠を高速道路で撥ねてバンパーにくっ付かせたり、人生初の高速で0コンマ何秒か意識を失ったり、車中泊の新しいフォーメーションを思いついたりと、なかなか有意義な旅となりました。

JAXAとアンモナイト。
男の心を震わす何かがあります。
いや本当。
 

もどる

(株)繁盛屋は「看板・広告」を主とし企業・お店の繁盛のお手伝いをさせていただく会社です。

株式会社 繁盛屋
〒950-0005 新潟県新潟市東区太平3丁目9-12
TEL 025-270-5555 FAX 025-270-0727
info@hanjouya.com