メニュー

2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年9月
2004年8月
2004年7月
2004年6月
2004年5月
2004年4月
2004年3月
2004年2月
2004年1月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年9月
2003年8月
2003年7月
2003年6月


[3412]   ハンガーでは無理でした  −H29.12.13 (水)−


何やら新潟市は全然なのに、私のいる十日町だけ凄い雪だったとか。
はい。これが昨日の仕事を終えて駐車場で見た愛車の様子。



雪山盛り。
で、下は消雪パイプの水で洪水状態。
革靴と草履しか持って行っていない私は苦しみました。

そしてマイバスルームへ行き、戻って来て日本代表のサッカーの試合を一時間ほど見ていたらこれ。



で、一晩寝たら・・・
フロントガラスには分厚い雪。
「また雪かきか〜」と思いつつドアを開けようとしたら・・・



積もった雪でドアが開きません。
うははははは。^^;

とりあえずフロントガラスの雪はそのままに、バックと前進を繰り返す。
バックモニターがあって良かったです。本当。



見て下さいよこれ。
また、圧雪されているので重いんですよ・・・。



これをすべて落としてやっと移動が出来ます。
屋根の上に残っていると信号などで止まった際、フロントガラスに全部落ちてきて危険なのです。。。

しかし今回思いましたけど・・・。
車の天井は前を高くして、後ろを低くしてくれませんかね。
空力の問題もあるのでしょうが、それにしても上からフロンドカラスに落ち過ぎ。

または、フロンドカラスの雪をそのまま押して下に落とせる様にするとか。
毎回ボンネットとの段差で詰まって、そこを手でどかさないとダメなんですよ。><;

それをすべて草履でやらなくてはならないという・・。
長靴持ってくれば良かった〜。><
持って来ようと思って忘れていたのですよね。
かと言って残り3日のために長靴買う訳にも行きませんし。^^;

本当、一年中そう思っていますが、関東や西日本が羨ましいです・・・。


[3411]   明神丸船団  −H29.12.12 (火)−


今回の長かった旅も残すところあと3日となりました。
最初の頃は帰ると大急ぎで駆け寄って来た息子達も、今では「おかえり〜」の声だけ。
あのチビ達にとっては父親が家にいないのが普通になってしまったのでしょう。orz

まあ、私の子供時代もそんな感じでしたけどね。
2週間に一度顔を合わせるかどうか。みたいな。
父親は立派な背中が見せられれば良いのです。
私の背中のヒッポリット星人の和彫りもそう言っている事でしょう。

しかし今回は長かったですね〜。
もうこんなに長いならばカツオ漁船に乗れば良かったと思う位ですよ。
第83佐賀明神丸に。
うははは。^^

まあ残り3日頑張ります。
(と言っても、殆ど私は空気になるだけですけど)
そして4日後はお客様との毎年恒例の忘年会です。
今年もヘベレケになるまで飲みますよ。
夜中に寒さ、冷たさを感じる程に・・・。

ではまた明日。ノシ


[3410]   女性のもの  −H29.12.11 (月)−


FBで産経新聞をフォローしているのですが、ちょこちょこと「登美丘高校ダンス部のバブリーダンス」が出てきます。
最近また話題になっており、改めて見てみたらこの「高校ダンス選手権」の主催が産経新聞だった様です。

それにしても登美丘高校ダンス部のバブリーダンス。
最初に話題になった時はゲラゲラと笑っていました。
が、最近改めて見てみたら面白い。
というか凄い。

それからはYouTubeで優勝校の同支社香里高校のダンスを見て感動したり、登美丘高校の過去のダンスを見て感動したり。

で、見ていて分かりました。
「ダンス」とは女性が躍るためのものですね。
女性の魅力をアピールするもの。
それがダンスなんだなと。
それが「躍り」というものなんだなと。

私はディスコに行った事もなければ、盆踊りでさえ人前で踊るなんて恥ずかしくて無理なのですが、その理由もきっと「踊り・ダンスは女性の魅力を伝えるもの」と本能的に察知していたからなのでしょう。
ウン。多分ですけど。
うははは^^

まあ考えてみれば日本の最古の踊りも「アメノウズメ」が、天岩戸に隠れた天照大神を誘い出すために、他の神々の前で踊ってやんやの喝采を浴びたというものです。
芸能においても戦国時代の「出雲阿国」とかもいますしね。

男性のダンスを否定するつもりは全くありませんが、ただ女性のダンスの凄さに勝つのは無理だろうなあ・・・とは思います。
特に女性が集団で踊っている時の神々しさには。

何度も書きますが、ダンスとは女性が、女性としての魅力を伝えるためにあるもの。なのでしょうね。

しかも登美丘高校のバブリーダンスのキャプテンが可愛いので余計にそう思います。
うはははははははは。^^
ただ最近は登美丘高校ダンス部は、「ダンスを見せる」というよりも「見世物」として扱われている様な気がするのがちょっと可哀想ですけどね。

しかし本当、ダンスなんてまったく興味がなく、逆に「踊る意味が分からん」と思っていた私ですが、いつの日かダンス選手権を見に行ってしまうやも知れません。
ダンスって魅力あるものなのですね。
ファンになってしまいましたよ。ダンスの。

社交ダンスや盆踊りなども同じですかねぇ???
まあ、女性だけの社交ダンス、盆踊りなら、一人のとてもゲスな男としては見ても良いなとは思いますが・・・。
うははは。^^


[3409]   玉へ  −H29.12.9 (土)−


「若いうちの苦労は買ってでもしろ」と言いますが、本当だなと思いますね。
いや、別に何があった訳でもなく何となく。ですけど。

若いうちに苦労をしていれば、大人になってからその苦労「糧」にもできるし、「反面教師」にも出来る。
でも今の時代みたいに「優しさ」がすべてとなり、「忍耐」を最悪の敵と見なす世の中では、今の子供たちがこの先「苦労」なんて出来なくなるでしょうからね。

うん。そうだ。
私はたっぷりと子供に苦労を掛けてあげるとしよう。
飲んだくれて、絡んで、騒ぎ立てて、「うるさい親父だなぁ・・・」となる様に。
うははは。^^

私なんて言うのは若い頃に何の苦労もせず、平々凡々とお気楽に生きてきましたから、その「若いうちの苦労」がない。
なので「若い頃」が何の役にも立っていない訳ですよ旦那。

今もう一度戻ったとしたら「苦労」を沢山したいですね。
理不尽、我慢、忍耐、苦痛、心労などなど・・・。(笑)
そしてもし言えるのならば、その当時の自分に「苦労しろよ」と言ってあげたいですね。

まあその分、今苦労しているので80歳くらいになったら「若い頃は苦労したものじゃよ。^^」と言えるでしょう。
「艱難汝を玉にす」と言いますからね。
よーし頑張るぞーー!!

と、実は「ビートたけし」が気になってウィキペディアで見てみて思った次第です。
うははは^^


[3408]   4時までダメorz  −H29.12.8 (金)−


いや〜昨日は飲みすぎました。orz
本日は頭が痛くて痛くて、殆ど仕事らしい仕事が出来ませんでした。orz

久しぶりの外飲みだったからなのか、料理が美味しかったからなのか、とにかくガンガンとビールを飲み、二次会てばハイボールを飲み、そして締めにラーメンを食べて帰って来るというフルコース。

今書き始めるまでどうやって帰って来たか思い出せませんでしたからね。^^;
タクシーで帰りました。うん。
で、今朝目覚めた時は何故か子供のベットで起きましたから。

まああれです。
大人は節度を持って飲まなくてはなりません。
反省です。。。

ただまあ昨日は暴言は吐かなかった気がするので、その点だけは良しとしたいと思います。
うははは。^^;

まあ皆さんもお酒には十分気を付けて、節度ある大人の飲み方をしましょう。
私も次こそはそうします。はい。。。


[3407]   鉄仮面を外させたかった  −H29.12.6 (水)−


日経平均株価がガツンと下がったとか。
株の値動きと反比例する筈の金価格も下がったとか。
その発端がトランプ大統領の「エルサレムをイスラエルの首都として認めると言ったとか、言わなかったとか」との事。

何かやっぱり凄いですね。
アメリカ大統領って。^^;
本当、一度なってみたい。
そして宇宙人が来ているの(か知ってみたい。
イヤ、まあそれは趣味の範囲ですが。。。
うははは^^;

まあこの発言は、もしかしたら反トランプ派のマスコミによるフェイクニュースかも知れませんけどね。
「ねっ!トランプ大統領だと大変でしょ(笑)」という。

それにしても本当、宗教って大変ですね。
人を救うのが宗教の筈なのに、一神教なので逆に人を混乱させたり、苦しめたり、人が死んだりする。
支那が春秋時代に宗教を追放したのが分かる気がします。

日本でも今はそうないですが、戦国時代までは宗教の力が強かったですからね。
本願寺しかり、比叡山しかり。
「宗教が強い時代」というのは、幸せな時代ではないのかも知れません。
まあ「すがるもの」ですからね。。。

とダラダラと書きましたが、まああれです。
特に落ちも、結論もないです。
たまには(?)こんなのも有りかなと。

千年の湯の従業員さん並みの鉄面皮で今日の日記の締めとさせて頂きます。
ではまた明日・・・は更新できないんだった。
ひみつ倶楽部の会合のため、一時帰郷しますので。^^;
ではまた明後日。


[3406]   漂流民  −H29.12.5 (火)−


今朝のテレビを見ていたら、今にも「米朝戦争」が起きそうなくらいの報道でした。
情報が少なく、閉鎖的な環境で、しかも冷静に物事を見る事も、判断も出来ない北朝鮮はかなり焦っているでしょうね〜。

「駆け引き」というものが、原始人並みにしか出来ないですから。
というよりも「駆け引き」自体が出来ないのか???

そして「今までは無かったの???」という位に多い、北朝鮮の船の漂着のニュース。
北海道ではドアノブやらバイクやらの金属が盗まれまくったとか。

あれを見ていると「戦争が近いので逃げ出した人々」または「戦争が近いので国が金属を集めているの?」または、「本当に末期で北朝鮮の人々が逃げ出し始めていの?」と思ってしまいます。

ましてや天然痘ウイルスを持っているので、検疫官が防護服を着ていた。なんていうニュースを見ると、「こりゃ戦争が近そうだな」と日本人ですら思ってしまいます。
今の日本の報道を見ていると、どうやら中国も北朝鮮を守る気はない様ですし。

北朝鮮はアメリカが攻撃を仕掛けたら一瞬で終わりですからね。
どうするのでしょうかね???
そろそろ謝って、拉致被害者を返して、中国人になれば良いのですけど。


[3405]   まずは「意味」から  −H29.12.4 (月)−


本日も研修をしました。
私も少しだけ教えるのが上手になってきた気がします。
いや、今までの私と比べてですけど。^^;

まず最初に大まかな流れを伝える。
そして一番重要な心構えをしっかりと伝える。
続いて、流れを見せる。

教える際は小さなポイントではなく、大きなポイントのみを話し、「この作業がどういう意味があるのか?」に重きを置いて話す。

人は一度に沢山な事は覚えられません。
実際、人と話しをしていても、その内容の大まかな部分しか頭に残りません。
なので、小さなポイントを細かく教えるよりも、まずは「その意味」を理解させ、そして大きなポイントを話す。

そうする事で、細かなポイントは頭に入らないものの、その仕事の「目的」が念頭にあるので、自然と小さなポイントを自分で考えられる様になる。

「自分がやっている仕事の意味を知る」
というのは、本当重要ですね。
目標を持っているか、持っていないか?という位の違いが出てきます。

「ただの頭を使わない作業」をするのか。
「何が目的か理解したうえでの作業」をするのかでは、覚える速度も遣り甲斐も変わって来ます。
まあ私ならそうです。
「頭も体も出来るだけ動かさずに生きて行きたい」という怠け者なので。。。

という事で、今回はよりしっかりと研修が出来るかなと。
どちらにせ最後は「やってみなければ分からない」という所になるので、それまでに

「意義を話し」
「やってみせ」
「やってみせ」
「やってみせ」
「やらせてみせ」
「やらせてみせ」
「やらせてみせ」
「やらせてみせ」
「やらせてみせ」
とし、最後に「褒めてやる」へ繋げられる様に頑張ります。

今までは細かなものを淡々と伝えていましたからね・・・。
それじゃあダメでしたね。^^;


[3404]   平均点はいらない  −H29.12.2 (土)−


「人の振り見て我が振り直せ」とは言いますが、「人の振り見て我が振り誤魔化さない」というのも大事ですね。

何と言うか、
他人を叩けば自分が良くなると勘違いしているかの様な。
他人を叩く事で自分の非を誤魔化すという様な。
とにかく粗探しをし、叩く事で快感を得る。
というものを否定する。

ネットでの炎上なんて言うのは、この手の事が多いのでしょうね。
もちろん全てではありませんが。

ただ、根本的に人を叩こうが自分が上に行ける訳では無いのですよね。
人の足を引っ張ったって、自分が上がれる訳では無いのですから。

私、この感覚が凄く苦手なんですよ。
他人にケチをつけて溜飲を下げる。
他人にケチをつけた自己満足に浸る。
「自分だけじゃない!」と言って安心する。
というのが。

私が小学生?中学生の頃、父親にテストを見られました。
その時の点数は確か60点くらいだったのですかね。
で、「60点ではダメじゃないか」みたいな事を言われました。

そして私が言ったのは「でも平均点は超えている!」との言葉。
それに対して父は「平均点なんて関係ないんだ。100点を目指さないとダメなんだ」でした。

その時は自分でも「言い訳なんだけどね」とは思いましたが、何か一つ納得がいきませんでした。
ただ「まあ、そういう考えもあるな」と思い、それ以降は平均点というものを意識しなくなりました。

周りの位置がどれ位か?というのは、どうでも良い話なのです。
自分がどうしたいのか。
自分がどこに行きたいのか。
と、周りとの比較で安心を得るのではなく、自分自身がやるべき事だけを考える。

まあそのお蔭で、それ以降は90点以上しか取りませんでしたけど。
そして高校生にもなると、そのお蔭で他人の評価が気にならなくなり赤点三昧でしたけど。
うはははは。^^

とりあえず大事なのは「自分」です。
どうしても周りが気になる時は、自分より上の人間を見て「あそこまで行こう」と思うと良いですね。
下を見ても限がないですし、堕落するだけですから。

ただ、どうしても人と比較して自分の位置を確かめたい時は私を見て下さい。
きっと「ああ・・、こんな人でも大丈夫なんだ・・・」と安心出来る筈ですから。。。
うはははは。orz

うん。いつの間にか目標とされている様に頑張ります。
多分。


[3403]   あっという間ね  −H29.12.1 (金)−


何と言うか、毎年毎年、数字や売上額が上がるのは嬉しい限りです。
特にそれが力を入れている事業だと。
本当、9月以降になったら急にバタバタっと一気に依頼件数が増えました。

仕事のご依頼を頂けるというのは、その仕事が「社会に必要とされている」という事ですから。
ただ、まだまだ、まだまだです。
目標は今の10倍。
最終目標は100倍。
そしてそこから色々な物を派生させる。

と、捕らぬ狸の皮算用をしたくなる今日この頃です。
何でしょうかね?
地道な活動が少しだけ見て貰える様になったのかな??

まあ、期待に応えられる仕事をしっかりと心掛け、来年はまた新たなステップへ進めます。
来年と言ってもあっという間なんですけどね。
31日しかないので。

昨日書いた様に普通の1か月と考えると、もうそのための計画書を作らなくてはなりません。
ハイ。作ります。ハイ。
 

もどる

(株)繁盛屋は「看板・広告」を主とし企業・お店の繁盛のお手伝いをさせていただく会社です。

株式会社 繁盛屋
〒950-0005 新潟県新潟市東区太平3丁目9-12
TEL 025-270-5555 FAX 025-270-0727
info@hanjouya.com