メニュー

2022年9月
2022年8月
2022年7月
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年9月
2004年8月
2004年7月
2004年6月
2004年5月
2004年4月
2004年3月
2004年2月
2004年1月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年9月
2003年8月
2003年7月
2003年6月


[4595]  
安倍元総理 どうぞ安らかに  −R4.9.27 (火)−


本日は安倍元総理の国葬。
安倍元総理が大嫌い、とにかく「アベガー」と言い続けて来た人達からすると、「国としての葬儀」が気に入らない様で。

国葬に合わせて異常者の映画を上映するとか。
それが元連合赤軍だとか。
それを朝日新聞が推奨するとか。
いえ、良いんです。
それはその人達の主張でしょうし、それこそ正義であると信じているのでしょうから。

ただ、その精神的なものは気持ち悪いなぁ・・・と。
粘着、悪臭漂う、高邁とは正反対の見苦しさがちょっと苦手ですね。

そしてネットで国葬を見ていたのですが、TBSはまだしも日本テレビも、やれ「反対意見が〜」だの、「統一教会が〜」だのとワイドショーにしている。
YouTubeだけでした、
粛々と放送していたのは。

テレビ局は、あのペチャクチャとくだらない話を、国葬に外国からわざわざ来て頂き、そして献花をしてくれている姿が放送されている時にしていて恥ずかしくなかったのですかね。

そんなに国葬の最中に話したい事があるのなら、伝えたい事があるのなら、お客様のいない所でやれ。
外国からお越しになられ、献花されている方々に失礼です。
お前らは副音声のつもりか?

子供のパンクロッカーでもあるまいし、安倍総理についても、国葬についても何にも理解しないまま、ただ「反権力の姿が格好良い」と思っているなんて情けない姿です。

私が思うに、戦後ここまで日本を良い方向に戻した総理はいなかったでしょう。
ましてやその功績は類を見ないと言っても良いと思います。

いえ、私も色々と言いたい事はあるのですよ。
安倍元総理には。

最初の総理の時には、それまで靖国信者に参拝する、参拝すると言っておいて、自分がなったら行かないという二枚舌。
元総理になったら「行っておけば良かった」、「次にもし総理になったら参拝する」と言っておきながら、またしばらくはいきませんでした。

「この人はなんて・・・らしい。政治家らしい人なんだろう。^^;」と思っていましたが、まあそれは良いんです。

全面的に支持をする。
例え誰であっても「全面的に支持をする」なんて人はいる訳はないのですから。
もしそれが「自分自身」だったとしても「全面的に支持をする人物」にはなり得ない訳です。

その「全面的支持」を他人には求める。
そして支持が出来ないところが少しでもあると「反対!」、「支持できない!!」と騒ぐのは、かなり幼稚なというか偏狭的な思考でしょう。

なので私は全面的に支持は出来なくとも、全体的にはとても、非常に、強く「安倍総理」を支持致しました。
それは「2度目の元総理」になってからも続きます。

それが1人の狂人による凶弾で倒れた。
※陰謀説があってもおかしくないレベルの一人の狂人による凶弾ですけどね。

これが10年、20年経ってから病気なり、高齢による寿命で亡くなられたのであれば、「国葬」とまではいくかどうかは分かりません。

もしかしたら「安倍元総理のおかげだった」という時代になっていたら「国葬」にはなるでしょうけど、それは分からない。

ただ、今回の様に狂人による凶弾で、明らかに「日本のために尽くしてくれた元総理」を国葬としてお送りするのは正しい事だと思います。

例えそれが自分の主義主張とは違ったとはいえ、やった事を何一つ認めていないとはいえ、間違いなく国の為に尽くし、凶弾に倒れた元総理なのですから。

自分が好きじゃなかったから
自分の主義主張と違ったから
嫌いだから
で反対する。
それはネットで匿名で無責任に騒ぐ人達と同じでしょう。

なので、私としては心から、一日本国民として、国の尽くしてくれた安倍晋三元総理には深い哀悼の意を表します。

とても残念な最後となってしまいましたが、本当にありがとうございました。
日本人として自分自身、これからの日本を作る一助に成れるように致します。


[4594]  
はまってます  −R4.9.26 (月)−


皆様はこちらのドラマをご存じでしょうか?



これがですね・・・

めちゃくちゃ面白い!!!

かなり前にシーズン1はDVDを借りて見た事があったのですが、全然面白さが分からず、というか内容が掴めず断念していました。

ですが「旅猿」の中で東野達がシーズン2まで一気見をしていて、それなりに真面目に見ている様子に興味を持ち、その時にHuluやAmazonプライムで探したのですが、ありませんでした。

が、少ししたらAmazonプライムビデオで見られる様に!!

シーズン1を見始めて・・・
「うん???」
「どういう人間関係?^^;」
「どういう力関係??」
「どういう物語???」
とチンプンカンプン。

が、まあ別に流れていれば良いか。とながら見をしたり、たまに別の所に意識が飛んだまま話が進んだりしていました。
「まあ、なんかそのうち分かるでしょう。分からなくても良さそうな話だしね。^^;」
と思っていたら・・・

シーズン3の最終回付近になったら、

俄然面白く!!!

人間関係も力関係も、登場人物も、役割も分かって来たら、これがまぁー−−面白い!!

感じとしてはあれです。
三国志を初めて読んだ時の感じ。
登場人物が多すぎてさっぱり分からず、人間関係も、世界観も分からず、誰が主役かも分からず、なんとなく読んでいた。
で、分からないのに何故か惹きつけられて、気付いた繰り返し繰り返し読んでいた感じ。

凄いんですよ。
「ゲーム・オブ・スローンズ」
世界観から、人間関係から、パワーバランスから、超複雑。
でも、それが分かると一気に面白くなる。
というか、三国志同様に「えっ?君は死ぬの???ここで???」とビックリする事がしばしば。

初めて読んだ時、
三国志で曹操が死んだ時にビックリしましたし、劉備が統一しないうちに死んだ時にビックリし、桃園の誓いは???とビックリしたりしたのに似た感じ。

だって、劉備は孫権と一緒に岩を刀で切って切れてましたよ。
「我が大望が叶うなら切れよ!」と言って切りつけた時に。
うははは。^^;

まあ、その三国志にドラゴンが出てきて、死人が蘇って、魔法が出てきて、ゾンビの軍団が出てきて、でも全てのベースは「ローマ帝国の権力争い」という様な物語です。

三国志はね、まだ一応ながら史実があった上での物語な訳ですよ。
三国志演義というものが。
でもこれは全くの空想の物語。

この手の空想の物語を作るのは、漫画の国の「日本」による専売特許だと思っていましたが、やっぱり西洋は侮るなかれですね。
ハリーポッターもそうですしね。

まあそれでも日本人の想像力というか、物語を考える能力は群を抜いてるとは思います。
でも「壮大な物語」というのはあまり得意としない気がします。

とりあえず今やっとシーズン6の途中まで来たので、最後まで見終えて満足したら、またシーズン1から見ようと思います。
このままなんか良い感じで終わって欲しいですねー−−!!^^

変な「えっ?それで終り?^^;」みたいなのはでなく。
まあ、小説が原作ですし、原作者も参加して脚本を作っていますし、終わらせ上手なアメリカ人制作のドラマなので大丈夫でしょう。
多分・・・。


[4593]  
基準をどこに置くかなんだよね  −R4.9.22 (木)−


来月51歳になります。
「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」
と言いますし、
「五十にして天命を知る」
とも聞きますが、
私、50歳になってから変な風に達観してしまっている気がします。^^;

まあ、人生のそういう時期なのでしょう。
悟りなんて開いたつもりでも、しばらくすると迷い出すのが人間ってなもんですからね。
のんびり達観明けを待つとします。

さて、そんな事をふと考える切っ掛けになったのが、機能のテレビ番組。
「明智光秀は生きていた!!?」というもの。

何をどういう根拠で話しているのか不明ですが、白髪の生えたご年配の男性が「生きていた!」と言ったり、有名大学の教授が「生きていた!」と言ったり。
しかもそれが伝承だったり、江戸時代の半ばや幕末に書かれた文章を元に話したりしている。^^;

いや、良いんですよ。
生きていたと信じたいのであれば、信じて。
ただ、もし、もし万が一「生きていた」として

「だからどうしたのだろう???」

という話なんですね。

いえ、「令和の今も生きている!!」というならば、凄い話なのですが、その時代に生き延びていたとしても、その後に歴史に一切関わらないのであれば、「生きて」いようが、いなかろうがどうでも良い話なんですよ。

まあね、源義経なんてチンギスハンになったり、明智光秀も天海になったりしていますけど、現実的にはあり得ない。
海沿いの洞窟みたいなのがある度に「源義経が隠れた場所」と言われちゃう位のファンタジーなんです。^^;

その後に生き延びていたとしても、「明智光秀」として復帰し、そして歴史にまた関わったというならば、これは「生きていた」という事であり、その後何もないのであれば、「生きていた」というのはどうでも良い話。

「織田信長は生きていた!」と言っても、その後に信長が何かをした訳ではないのであれば、「信長は本能寺から生き延びた」とは言えないのてす。

という事はですよ、、、

やっぱり人生とは「事を成すにあり」なのかも!?
となると、齢50を越えて達観気分を味わっている場合ではないのかも・・・?

うむ。
面白い。


[4592]  
本当に緩〜〜〜い  −R4.9.21 (水)−


なんだか数日前までの猛暑が考えられない位の涼しさ、肌寒さですね。^^;
こんな気温なら前回の三連休に2山くらい登れたんですけどねー。

で、三連休は結局お酒だけ浴びる程飲み、記憶が初日〜仕事日の朝まででところどころしかない。
本当に。
本当に何をしたのか、何をしていたのかうろ覚えです。
勿体ない・・・。

と、思ったのですが17日。
この初日だけはちゃんと満喫しました。
それがこちら!!



そうです。
本日のヤフーのトップニュースにもなっていた

水どう終了20年 特別企画配信へ

の、2022キャラバンに参加して来たんですよ!!
と言っても、正直このキャラバンが何なのか分かっていない。

物販がメインのイベントなのか。
トークショーがメインのイベントなのか。
音楽イベントがメインなのか。
それとも水どうファン=どうてじょう藩士のただの集いなのか。

そして行ってみた。
そして得た結論。
うん。
やっぱり何がメインなのかさっぱり分かりませんでした。^^;

ただ駐車場は凄かったですよ。
日本全国から沢山の車が集まって来ていました。
いくら新潟一宮のお弥彦さまとはいえ、駐車場に入ると他県ナンバーでサンシェードを貼っているのはどう見てもキャラバン目当てでしょう。

本当、不思議な空間でしたね。
特に込み合っている訳でもない。
我先にと焦る人たちがいる訳でもない。
ただただ緩〜〜〜い進行がされている。
緩〜〜〜い物販がされている。^^;

私も「行ったからには何かを手に・・・」と、くじ引きにチャレンジしましたところ・・・



一番欲しかった、原付日本列島のだるま屋ウイリー事件のフィギュアを手に入れました!!!
特賞の前掛けより嬉しい!
何せこの事件の現場は笹川流れですからね。
新潟県民としてはより思い入れがあるでしょう。
でしょう。
でしょう。
そうでしょう。

ちなみにこの事件現場は現在はトンネルが出来たため通行できなくなっています。

ああ、思い出した。
酔っぱらって、またいつもの癖でネットショッピングサーフィンをしてしまい、ついつい、ついつい・・・

この原付フィギュアって4種類あるんですよね。
それをネットで私が持っていない3つを偶然見つけて、ついつい、ついつい買っちゃったんですよ。^^;
安かったんですけどね。
多分、4個セットでヤフオクで売れば全ての元は取れて、しかも倍ぐらいの利益は出そうなくらいの価格で。

まあ、売ろうと思ったら売れるけれども、やはり何故か売りたくない。
持っていたいという不思議な感じにさせるのが「水曜どうでしょう」の魅力です。
言葉にはできない、なんか変な愛着が湧く。
日本人の心のふるさと。
山登りレベルの言葉では表せない力がある。
という事なのかも知れません。

いや、知らんけど。
これは理屈じゃないんですよね。
最初見た時は「なんかよく分からない事やっているな」とボケーっと見ていましたが、ふと気付くとはまっている。
そりゃあはまらない人も沢山いるでしょうが、私ははまるタイプだったんですね。^^;

で、イベント。
かわいらしい女の子が暑い中、分厚いジーンズを履いて熱唱していたかと思えば、藤村さん・嬉野さんのディレクターコンビがステージ横のテントで普通に過ごしていて、写真撮影にいくらでも気楽にお付き合いしてくれる。



いや、あのお二人。
確かにただのテレビ局の社員?取締役?ですが、下手な芸能人の何倍も、何十倍も有名ですからね。^^;
ここら辺の緩さも「水曜どうでしょう」のでしょうねー。



しかし本当、何だろう。
警備やら、ガードの一つもなく、ただただCIA祭の如く人々が楽しんでいるイベント。



25日18時スタートの「特別企画」。
見たいですけどね〜!!><
仕事なんですよね〜!!><
後からでも見られるのかなあ???
まあ、何かしらチャンスはあると思うので楽しみにしておきます。^^


[4591]  
反省  −R4.9.20 (火)−


三連休第一弾が終わりました。
今週末からの第二弾はすべて仕事・・・。

そして第一弾でどれだけ連休を満喫したかというと・・・
全然。^^;

山登りの予定でしたが、あまりの暑さにキャンセル。
私、本当に暑さに弱いのが分かりました。
100mくらいの緩い坂道を往復しただけで脹脛が凄くだるくなる。
力が入らない。
ダメダメです。

では何をして過ごしたかというと、ただただ飲む。
飲みっ放し。
今朝なんて頭が痛くて、体がだるくて、もう酷い状態。><;

本当、やっぱりそれでも山登りの一つくらいするべきだったのかなあ。

まあ、しばらく連休はないので、ゆっくりと良い時間を過ごさせて頂くとします。^^;


[4590]  
テンションが・・・  −R4.9.16 (金)−


さあ!明日から三連休です!!
私も久〜〜〜しぶりの「連休」です。
休んだ次の日も休みなんですよ!!
お盆休み以来の連休を楽しんで参ります!

まずは水曜どうでしょうキャラバンでしょ〜。
モンベルでしょ〜。
山登りでしょ〜。
朝からビールでしょ〜。
たまりませんなぁ。^^

まあ、皆さんにとっては、「よくある連休」なのかも知れませんが、滅多にない連休はテンションが上がりまくるのです。

まあ戦国時代の休日は盆と正月だけだったのに比べたら、かなり休んでいる方なんですけどね。
歴史的に見たら・・・。

という事で、皆さん。
良い連休を!
私も負けじと頑張ります。
うははは。^^


[4589]  
新しい扉  −R4.9.15 (木)−


昨晩は秘密倶楽部の会合でした。
会場が駅前だったのでバスで行こうと思い、急いで帰ったのですが・・・

自宅に車を停めて、1分後のバスの発車時38分に間に合うようにダッシュ。
そして38分でバスが来ている姿が無いので、ほっと一安心してバス停を見ると、、、
バスが留まっていて、ちょうど出るタイミングでした。><;

18時38分発車の場合、38分の間は留まっていてくれないものですかね?
ただまあ、あと30mくらいあったので間に合ったかどうかは微妙な所ですが・・・。

結局、そのままバスを追いかけて古町ルフルまで速足で歩く事に。
汗だくです。

ただまあ一つ気付いたのですが、私は以前なら3m走ったら背中が攣ったりしていたのですが、山登りのおかげかそこそこ走っても大丈夫になりました。
今も多少は背中が痛いですが、ただ以前に比べたら天と地です。

そう言えば昨晩の秘密倶楽部で
「山登りをする人はMだと思うんだけど・・・」
と言われたのですが、そうですかね?
私はかなり強烈なSだと思っていたのですが、もしかして新たな扉が開いたのかしら???ウフフ。

ところで、新潟交通のバスってSuicaで乗れるんですかね?
いつも小銭を出すのが大変なんですよね。^^;


[4588]  
MAX 1TB  −R4.9.14 (水)−


「iPhone14」を買おうかどうか考えております。
そしてもし買うならば「pro」で「Max」で「1TB」にしようかと。

今のiPhoneが11。
もう一台が10。
この10の方が画面にひびが少々。
なので、私が14を買って、11をお下がりにして、10の画面を修理するか、はたまたそれを仕事用に回すか。
オークションに出すというのもアリですけどね。

ただ、、、
高いんですよ!!><;

どうせ買うならば最高級の物を買っておきたい・・・。
これは仕事用PCでも同じなのですが、中途半端なものを買って、ちょこちょこと買い換えるならば、
「その時点で一番良い物」

「思いっきり値段を押さえた物」
のどちらかを選んでいます。
「安物買いの銭失い」が嫌なので。^^;

いえ、今の11の時点でも1TBどころか、512GBも必要ないんですよ。
256GBの11で200GBも使っていませんからね。^^;

いつでも見られる様に・・・と、Amazonプライムビデオで東野登山隊シーズン1〜7までがダウンロードされていたり、本が何百冊も入っていてこの程度。
なので、もっと減らそうと思ったら減らせる。

ドコモの謎のプログラム、なんか2年後に買い換えるために本体を返却する、車みたいな残価設定プランでも
ProMax1TBだと「144,923円」+23カ月で返却しない場合は「144,360円」が加わり
合計 289,283円

約30万円ですよ。><;

これが256GBだと約22万円。

うー−−む。。。
高い。。。
凄い金額だ。。。
だが、月額5〜6千円と言われると「買えちゃうんじゃない?」なんて思ってしまう。
分割の怖さですなあ。

うん?
となると一括で買った方が覚悟が決まって良いのか?
その場合はAppleで約24万円。

イヤ、それとも23カ月なり24カ月で次のiPhoneに乗り換えて、常に10万円引き位の感覚で新型iPhoneに乗り換えた方が良いのか?

でも乗り換えずに使い続けたら、2年で14万円、1年7万円という金額をドコモなり、Appleに支払い続ける必要がない訳だしなぁ・・・。

24万円のIPhoneを4年間使う。
年間6万円。
もちろん、更に1〜2年延ばして、6年使うとしたら年間4万円。

うん。
なるほど。
どちらにせよ、車と同様に「同じ物」を使い続けないと、年単位で結構な金額が出て行くんですね。
まあそれだけ必要なものではあるんですけどね・・・。

まあまだ数カ月は購入しないので、もう少し買うかどうか考えます。^^;

ちなみに、今調べて分かりましたが、もし買うにしても、ドコモなどのキャリアで購入すると、Appleの価格より高くなります。
その上、Appleは36回払いで金利0%なので、分割購入するならAppleで買うのが断然お得ですよ。

2年ごとに買い換えるつもりなら、ほんの少しだけドコモなどのキャリアの方が安くなりますけどね。

しかし数年前?10年くらい前?は10万円以下で買えたんですけどねー。


[4587]  
お好きな様に。  −R4.9.13 (火)−


いくつか主張を書いておきますね。
・安倍元総理の国葬 大賛成
・新型コロナは恐れるに足らず
・ワクチンは打つ気無し
・統一教会うんぬんは一切興味なし。(宗教問題には関わらない)

これら全て細かく書こうかなぁ・・・と思いましたけど、最近分かって来たんです。
全部が宗教レベルの思想信条の様なものなので、話しても平行線何ですよね。^^;

世の中には絶対に正しい事が2つある。
右も左も正しい。
なので、その正しい2つを「こっちが上だ!」、「いや、こっちだ!!」と言い合っても意味が無い。
時間の無駄なんです。

「どうしても一つの結論を出さなくてはならない」というのであれば、これは議論を尽くすべきですし、どうするのが良いかとことん考えて、すり合わせる必要がある。

でも、意見がいくつあっても、真っ向から反対の意見があっても良い場合は、これは話すと更にこじれる。
なので、「どちらも正しくて良い」という場合は、
「私はこちらです」
と宣言すれば良い。
のだろうなと思う様になりました。

いえ、あくまでも「どちらの意見も正しい」、「一つの答えを出す必要は無い」という場合に限りですよ。
なので、安倍元総理の国葬に反対な人は「私は反対だなぁ」と思っておけば良い。

「自分が反対なんだから中止すべき」という思いがあったとしたら、それは我儘でしかありません。
「自分は賛成なんだから」という人もいるのですらかね。

新型コロナを恐れるのも、過剰に・・・と見えるくらいに防衛策を取るのも、それはその人の自由。
ワクチンを打つのも、打たないのも自由。

それを「私は恐れるべきだと思うし、ワクチンは絶対に摂取滑べきだと思っているから、みんなそうすべき!」というのは我儘です。
「恐れない、打たない」という人もいるのですから。

それを無理やり「どちらか正しいか」、「どちらが間違っているか」を決めようとし、あまつさえ国家権力たるものが
「新型コロナは恐れ続けるべし」
「ワクチン接種が正解」
というのは、これは行き過ぎです。

ただ、私は行き過ぎだとは思いますが、この場合は
「ああ、そうですか。」
「私はそうは思いませんが、そういう事にするのであれば、自身に被害が及ばない範囲で従わせて頂きます」
となる。

なので「国葬」についても、いろんな意見があっても良いと思いますが、国が
「国葬をやる」
というのであれば、自分が迷惑を感じない範囲で従うべきでしょう。
「どうぞおやり下さい」
「私は必要性を感じませんし、反対ですけどね」と。

もう一度、書きますが、、、
どちらも理屈がある。
どちらにも正義がある。
どちらにも信じるものがある。
という場合、
「どちらかに決めなくては生命に関わる」
という事でもない限りは、一つにまとめる必要はないです。

対立した意見をぶつけ合ったって答えなんて出ません。
せいぜい、こっちが有利かな?こっちの方が多いかな?というのが出る程度。

「それが民主主義だ!」と考えられる人もいるかもしれませんが、多数派が必ずしも正しいとは限りません。
衆愚政治という言葉さえある訳ですから。
なので、古代から人類は政治体制を王政にしたり、議員制度にしたり、皇帝制度にしたり、民主主義にしたり、社会・共産主義にしたりして来ている訳ですからね。

100万人の愚かな人民と1人の英傑な君主。
従うのはどっち?
とという話です。

今だって簡単ですよ。
衆愚政治にするの。
全部の議案を国民投票にすれば良いんです。
「週休7日制に賛成?反対?」
「国民は無条件で国から毎月100万円が支給される事に賛成?反対?」
という設問したら、どちらが多数になるか?
そして、それを「多数が求めているから」で実行して良いのか?

という事で、最近達観したのか、はたまた山登りに頭が行ってしまっているのか分かりませんが、あまり社会問題に強く思う事がなくなった今日この頃です。

そして「面白いなぁ」と感じるのが、凄く些細な日常の話。
お爺ちゃんか!?
お爺ちゃんになっちゃったのか!?

今、一番「面白いなぁ」と思った事が、動画配信だと4500円掛かるスーパーナチュラルのファイナルシーズンが、櫃渋りの蔦屋で2000円でDVDが借りられた。という事ですからね。
うはははは。^^;

しかもレンタル期間は2週間ですよ!!

めちゃくちゃ久しぶりにカーナビにDVDを入れて、操作方法をすっかり忘れていてビックリしましたからね。

それとあれよ。
蔦屋の店内の様変わりっぷりったらもう。
DVDコーナーなんて過去のボールペンが並んでいた位のスペースしか無いんじゃないですかね・・・。

まあ動画配信なら、会費以外は基本無料で、見放題で、借りる必要も返しに行く必要もないですからね。
そりゃあ動画配信強いですよ。
でも、配信されていない物に関しては異常に高い。

これが「囲われている」という事の、プラスとマイナスの面ですね。
囲いの中は自由で快適。
囲いの外に出ようとすると不自由で大変。
でも、本当の自由は囲いの外にある。
でもでも、囲いの中だけで十分満足できるなら、何もその囲いに対して文句を言う必要はない。

と、まあこれについても
「どちらも正しい」
と言えるのでしょう。

うん。
しっかりと結論を出せた様な、うやむやで煙に巻いた様な・・・。
まあ、それを決めるのは貴方です。

私は、煙に巻いたに一票です。

うははは。^^


[4586]  
女王陛下万歳  −R4.9.12 (月)−


エリザベス女王が崩御されましたね。
どうしてもセックスピストルズの
「God Save The Queen」
が頭に浮かぶ。
私の年代はそういう方が多いみたいですね。

96歳ですかぁ・・・。
確かロックフェラーの総帥だった「デービッド・ロックフェラー」さんも101歳で亡くなられている。

恐らく、お二人とも凄く精密検査をし、悪いところはすぐに直し、手厚い看護もされていたのでしょうけど、100歳前後で亡くなられたのを見ると、「人間の体は本来は126歳まで生きられる」というのはどうも怪しい話ですね。

私も人生設計を少し縮めなくてはなりません。
あと76年生きる予定でしたが、10年くらい減らして計画しておいた方が良さそうですね。
まあ冗談は置いておいて、

「安らかに。エリサベス女王2世」
です。

それと蛇足ではありますが、イギリスの国歌って凄いですね。
女王ではなくなったら歌詞が変わるのだとか。
面白い国歌ですねー。


[4585]  
ダイレクトWi-Fi  −R4.9.9 (金)−


「旅猿」を見ていたら出てきた「3年A組」というドラマ。
ちょっと興味が出て、子供と第1話を見る。

サイコの様な
サスペンスの様な
小中学生には見せてはいけない様な・・・
「これは見せない方が良いのかも!?^^;」と思い、途中でやめて自分だけ見てみました。

そして見終えた感想として・・・

面白い!!
素晴らしい!!
近年稀に見る良作だ!!
子供は是非とも見るべきだ!
旅猿でベッキーが号泣する、東野が好きで見ているのもよー−く分かる作品でした。

ネタバレは書きませんが、是非ともあらすじ等も見ずに日本人全員に見て欲しいドラマですねー。

それにしても「hulu」は凄いなぁ。
面白い作品が山盛り。
見たい番組が山盛りで困っちゃう。

Amazonプライムビデオはプライムビデオで「ボッシュ」や大阪チャンネルと魅力がある。
バチェラーは大笑いできますし、マスクドシンガーも笑えますけどね。

それでもhuluのボリュームは凄い。
これでダウンロードしたものがカーナビで見られたら最高なんですけどねー−−−!!><

1日の移動で再生させると通信量節約でも1日1GB以上が使われちゃう。
ahamoでも20日も見られずに通信量を使い切ってしまう。
通信量を使い切ってしまうと、山登りの際にアプリやら何やらが稼働しなくなる可能性があるのでそれは困る。
何とかダウンロードで見られないものか!?

しかしApple専用のHDMIケーブルとの接続器でも再生は出来ない。
声しか出ない。
アプリがアップデートされたら見られるかも!?と期待していましたが、Amazonプライムビデオやネットフリックスなどとは違い、どうやら会社の方針で再生させないみたいです。

そんな中、オイル交換に行ったイエローハットで見つけたのがこちら!



カシムラとやいう会社のKD−199という商品。
これが何かと言うと、Wi-Fiのルーターが無くてもWi-Fiとしての接続が可能と言う物。

簡単に言うと、ネットの繋がっていないWi-Fi機能がある。

うー−−ん、、、伝わりますか?^^;

イメージとしてはスマホに「Wi-Fi」と認識させる、誤解させるという感じ。

ダイレクトWi-Fiは、繋ぐことでスマホの画面や機能を「出力している」ではなく、「繋げている」と誤解させる。

このごまかし作戦なら、huluの「ミラーリング禁止機能」を掻い潜れるのではないか!?
ましてや「ダイレクトWi-Fi」だけの品物であればヤフオクで安いのだと980円の送料無料で手に入る。

ミラーリングじゃないよー♪
ただWi-Fiに繋げてそっちに信号を送っているだけだよー♪
とhuluを騙せるのではないか!?

と、思って凄い調べました。
huluで見たい番組が一杯あるので。

で、結論。

無理!!!orz

huluはその手の「誤解させる」、「ダイレクトWi-Fi」の対策もしっかりしている。

とにかくネットに繋がない限り、絶対に他の画面には映させんぞ!!!
どうしても移動中に見たいならばスマホやタブレットでダウンロードをした作品をみるのだな!(笑)
という信念をお持ちの様です。

だからなのか、「カロッツェリア製車載用Wi-Fiルーター」のhulu特別キャンペーンなんてものも用意している。
※こちらです

これは要は、LTEなどの年間契約または使う時だけの1カ月契約で、このルーターを契約をして、「それでhuluを見てね♪」というものです。
こんなプランまで作っているhuluがダウンロードした物を、通信量の掛からない状態で他のモニター映し出させる訳がないんです。

徹底したビジネス戦略ですね。
アマゾンとも
ネットフリックスとも違う。
これと同じ戦略をとっているのがもう1社だけあって、それが「GYAO!」みたいです。

まあ、とりあえずネット環境下ではhulu。
アマゾンではダウンロード作品を見る。
と住み分けて考えるしかないですね。
まあ、毎週大阪チャンネルも新作が出ますから、住み分けないとhulu一色になっちゃいますからね。
大阪チャンネルの番組が溜まる一方になっちゃうので。^^;

しかし各社、面白い戦略を取りますね。
ディズニープラスだかなんだかも、huluの親会社として同じ戦略なのかな?
吸収した場合も同じ方針で行くのだろうか?
はたまた吸収後の目玉として外部出力OKにする戦略だろうか?

うーむ。
商売上手だなぁ。。。
焦らしてくれますなぁ。笑


[4584]  
新潟無尽  −R4.9.8 (木)−


本日、ちょっと土触りというか、石触りの仕事を屋内でしたのですが、その際に下に敷いた新聞に面白い記事が載っていました。



※画像をクリックすると大きくなります。

2019年の日経新聞の地方欄。

作業を進めながら読んでいたのですが、少し読んでは作業、作業しては少し読んで・・・と、面白くてスピードが落ちまくる。^^;

銀行というより、無尽からスタートしていたのですね!!
無尽があまり良く分かっていませんが・・・。
なんかおじさんが月一で会合をし、飲んで、お金渡して帰ってくるイメージ。
助け合いの金融システムらしいのですが、未だにどういうルールで、何が得をするのか分かっていないです。
いや真面目に知ろうと思ったら分かると思うのですが、そこまで興味がないというか。^^;

そして私が子供の頃は「新潟相互銀行」でした。
確か一番近所の銀行で、500円玉が出来た際に交換しに行ったのもここだった様な・・・。

私、「レック三和」への融資で倒産した」と聞いた覚えがあったのですが、ロシア村やら何やらとバンバン投資していたのですね。
バブルが弾けた後にもロシア村やらトルコ村やらに融資していたら、そりゃあキツイわなぁ。^^;
まだその時は「復活する」と思って、そっちに賭けていたのかも知れませんね。

それにしてもロシア村。
今もし営業していたらどうなっていたのでしょう?

ロシア隔離政策が進んでいる訳ですから、そんな中「ロシア村っす!!」と言えそうにない・・・。
今の無責任発言SNSの時代なら、「非国民!」・「ウクライナについてどう思っているんだ!!」と炎上しそうです。^^;

記事の通り、北越銀行が吸収していたら、第四北越銀行が出来る事も無く、そして口座を持つ県民は今でも良いサービスを受けられていたかね知れませんね。

今はもう独占企業の横暴っぷりがヒドイですから。
どれだけ有難いサービスが無くなり、値上げされている事か・・・。

それにしても今のロシア村って誰の持ち物で、誰が管理しているのでしょうかね?
コスプレの撮影会をしたら凄く良さそうな会場なんですよね。
廃墟っぷりがまた好まれそうで・・・。

しかしたった3年前の記事なのに、随分と古い記事のイメージなのが面白いです。
古い民家の畳の下から出てきた新聞みたいな感じでした。^^


[4583]  
家で飲んでいた日曜日だもんね  −R4.9.7 (水)−


ここ最近、政治や社会問題については殆ど繁盛日記で書きません。
アホらしい事件が多かったり、変な社会の流れだったり、書く程の熱意が湧かず・・・

なので、日記のネタが無く
「次は何をネタにしよう・・・」
「今日はサボっちゃダメかな?^^;」
なんて常にプレッシャーが。
いや、別に誰に言われた訳でも、約束した訳でもないのですけどね。

ただまあ、これ位は自分で追い込んででもやらないと、頭の中が仕事とモンベルの事だけになってしまうので。

うはははは。^^

なので常に「ネタ探し」をしていて、家でもふと「これはネタになるかも!?」と思った事を書いて、メールでPCに送ったりしています。

で、書こうと思って送られて来ていたネタ。

8月28日(日)のメール

料理は栄養を吸収しやすくするために出来た
高カロリーにするのも、
美味しくして何度も食べたいと思わせるのも、
人類の知恵の結晶

少ないエネルギーを増やすための方法

うん・・・。
私は何を言いたかったのでしょう・・・。
うははは。^^;


[4582]  
通院の分だけでそんなに変わるの?  −R4.9.6 (火)−


出勤しようと歩いていたらこんなポスターを発見!



何やら来月の1日から「自転車保険」の加入が「義務」となる。。。

私は知りませんでしたが、私以外の新潟県民の方々には常識ですか?^^;

「推奨」ではなく
「義務化」ですからね。

私の様にテレビを見ない者としてはそんな義務が出来たのならば、広く告知して欲しい。

何せ自転車ですよ。
私だって3年に1回くらいは乗りますし、子供達なんてかなりの頻度で乗っています。

「義務ですよー」
「詳しくは保険会社に聞いてねー」
「義務を守らない者には・・・」

うん?
義務な訳ですから当然守らない場合は何かしらのペナルティがあるのでしょう・・・。
と思って、今調べたら「罰則はなし!」だそうです。

だから広く告知しないの?
次に自転車を買い替える時に伝える感じ?

なんかこの自転車保険って色々あるらしいんですよ。
自家用車の保険の範囲内に家族の自転車も含まれるものがあったり。
カード会社のおまけに保険が付いていたり。
火災保険の特約に付いていたり。

謎だなあ。
これを次回の保険更新時に確認しろという事なのかなあ???

まあ実際、自転車も危ないと言ったら危ないですからね。
では、肝心のおいくら位の保険費用が掛かるの?
とカード会社の特約保険の料金を調べてみたら、

家族全員で月額330円

うー−−−む。。。
大した金額ではない様な、何か高い様な。
何せ今まで自転車保険なんて身近で無かったですからね。^^;

いや、確かに世の中では自転車に乗っていて人にぶつかってしまい大怪我を負わせてしまったなんてのは聞いた事があります。
ただ、私は子供の頃から自転車を乗って原付に乗り替えるまで、ほぼ毎日の様に乗っていましたが相手のいる事故なんて無縁でしたからね。^^;
周りでも聞いた事が無い。

私の事故と言えば、のぼりだと思ってスピードが出た状態で頭から突っ込んだら、固定された自立サインで自転車だけ前に進み、私が思いっきり後ろに吹き飛んだ事があった位です。

ちなみに、その姿を見たタクシードライバーの方が慌てて駆け付けてくれました。
でも怪我一つなく、えへへ^^;とまた自転車に乗って帰った事があったくらい。
後は1人でスピード出し過ぎてコーナーが曲がれずに倒れた事が1回あったくらい。

ちなみにこれ最低330円ですが、「安心」というプランだと通院すると1日1000円貰えるもので月額670円。
「もっと安心」で通院1日2000円で月額2000円との事。

ぼったくりやないかー−い!!!笑

まあ、車の保険に付けられるのか、カード会社の特約で付けた方が良いのか、はたまた何かしらの別途保険を契約をした方が良いのか、義務化の10月1日までに検討しましょうかね。^^;


[4581]  
山での人  −R4.9.5 (月)−


昨日山登りして来ましてね、まあそこで色々な出来事(全て自分自身の話)があったのですが、まあそんな事はどうでも良い。

山登りにまつわるいつくかの不思議な面白さをお伝えしてみようかと思う次第であります。



先日、息子と山登りをしたのですが、その際に息子が「山に登る人はみんな良い人だね」と。
挨拶を交わしたり、道を譲り合ったり、気持ち良く声を掛け合ったり。

なので言いましたよ。

「お父ちゃんだって、山の上では良い人だよ!」
「地上に降りると極悪人になるけどね・・・」
と。

本当、山にいると多分どんな性格の人でも、地上でどんな悪巧みをしている人でも、良い人になるのではないか?と思います。

「今、山を登ってている人」限定で。
知りませんけど山小屋などで山で勤めていたら、そこは日常になるのでこの法則は発動しないでしょうけどね。

なので、私の様な「悪人」を山に放り込んで登らせたら良い人になるのではないか・・・と思いましたが、あくまでも「自発的に登っている人」に限るので、「山の刑務所」を作っても多分ダメでしょう。
逆に脱獄しやすくなるだけかも知れません。

ただまあ、「自発的に山登りをしている人」は山で本当に良い人です。
親切ですし、明るいですし、些細な会話でも気持ち良いです。
なので息子の「山登りする人=良い人」は間違いではない。
ただし、私以外はどうかは分かりませんが「山では」という言葉が付く場合がある。
と覚えておきましょう。

うん。
何のためか分かりませんけどね。
うははは。^^

そしてもう一つ、山で面白い現象があるんですよ。
これは前々から気にはなっていたのですが、登山道で会った際は必ず挨拶を交わし合います。
たまにちょっとした雑談なんかも。^^

でもこれが、例えば山頂などで人が多くなると・・・

一気に街化をして、挨拶をするのが憚られる雰囲気になったり、場合によっては「ここは自分のテリトリーだ!」と縄張り意識を持ったりし出すんですよ。

「人口密度によって人の社交性は変化する」
と、私が大学の社会学を専攻していたら数字を出して、論文を組み立てるんですけどね。
まあ、もうありそうですけど・・・。

本当、登山コースの1m手前までは笑顔で挨拶していたのに、広場に出た瞬間に素知らぬ顔になる。

これも山の特性と人の習性の絡み合いの面白いところでしょうね。
登山道では、自分の生命の為にも相手の生命の為にも挨拶を交わし、雑談をし、印象付ける。

その結果、何かあった際に「ああ、あの人!あの人ならあっちに行くと言っていました!」だったり、「あちらの方向に向かわれました!」と捜索がしやすくなる。
その結果、生命の危機を乗り越えられる場合がある。

でも山頂など人が多い場所では、認識をし合う事が無くなる。
その結果、街中にいるのと同じ、行列で並んでいる人と同じ
「ただの人」
という意識になり、その結果「命の絆」が解けてしまう。

そういうものだろう。
と、山登り歴10カ月の私は思う次第であります。

面白いでしょ?
人の山での行動って。^^

ただまあでも「山の面白さ」はそんな所にある訳ではなく、あの無意味に、まったく無意味に、ガシガシと登って、そして疲れ果てる。
というのが面白いんですよ。

本当、公園で無邪気に遊ぶ子供の感覚です。
大人の公園。
それが山。

そしてたまにですが、こんな風に「人の行動における深層心理」や「人としての習性」を学べたりします。

ただまあ・・・
もしかしたらこれは「山」に限らず、ゴルフ場でも、釣り場でも、スポーツ施設でも、ある話なのかも知れませんけどね。
何せ私が一切その手のものと関りが無いので。^^;

ただ、イメージでは「山登りしている人の人の良さ」は最高だと思います。^^


[4580]  
老後の楽しみ  −R4.9.2 (金)−


この物件良いなあ・・・。

阿賀野市真光寺健康温泉村 売別荘

責任のない立場で
子供がいなくて
向かいのローソンで深夜バイトを月に20日したら
この物件に住んで
休みは毎日
五頭山登山

ですなあ。

うむ。
老後になったら、なのであと30年くらいしたらやってみるか。

うははは。^^


[4579]  
アメリカの人間構造  −R4.9.1 (木)−


「THIS IS US」というアメリカドラマを見ているのですがね、これがもうシーズン6まで来ている。
見始めた頃は謎の人間関係や、行ったり来たりする現代と過去、そして未来に戸惑いつつも、何か気になる雰囲気があり見続けていました。

そして人間関係や作り方が分かってからはかなり面白く、「これはフルハウスの大人版だな」なんて思って見ていました。
フルハウスの様な笑いはないものの人生訓を教えてくれるドラマ。

だと思っていたのですがね・・・
シーズン6を見始めてから、なんか凄い違和感がある。
そして思い返してみるとシーズン1から続いていたもの。

それが・・・
主人公の3人の兄弟が・・・

凄いわがままなんですよ!!

自分の思い通りにならないと絶対に認めない。許さない。
でも現実は全てがそう都合良く行く訳もない。
そうすると逆切れする。
悲観して、大騒ぎして、世の不幸はすべて自分が被っているかの様な態度。

可哀想なのはこの3人兄妹の配偶者であったり、周囲の関りのある人物。
ブンブン振り回される。
もう何かこの異常者と離れた方が良いんじゃない?と思うけれども、良い人なのでつい付き合ってしまう。そのブンブンに。

見ていてこの何をやっても不平不満をいう兄妹にイライラと。
もっと明るく生きんかー−−い!!
不平不満ばかり言っとらんで楽しく考えんかー−−い!!!
と。。。

まあドラマなんですけどね・・・。

うははははは。^^

たー−−だ、まあ〜〜〜!!

よくもまあ、こんな自分勝手というか、「自分が考える事が全て」という様なドラマを作るなぁと。
しかもシーズン6まで続くという事は、アメリカでは受け入れられているんだろうなぁと。

自分が感じた事、思った事がすべて。
それは例え、血を分けた、分けていない兄弟でも異を唱える事は許さない。
絶対に認めない。
でも、「家族が一番大事だ!!」みたいなアメリカっぽい事ばかり言う。

アメリカだなぁ・・・
これがアメリカなんだなぁ・・・
と思う次第です。

凄いんですよ家族構成。
どんなに仲の良い夫婦も、うまく行っている夫婦も未来には必ず破綻している。
何が切っ掛けか?というと、謎の「やっぱり僕(私)は納得できない」という理由で。^^;

で、ですね。
このドラマがシーズン6まで行って、しかも恐らくまだまだ続くだろうという事から色々と考えてみたんですよ。
アメリカにおける「人間関係」、「社会構成の本能的な作り方」について。

離婚率が高い。
というか離婚していない方が稀。
という事は、アメリカの社会では相手を取り替えるのを是としているのではないか?と。
無意識にしろ
本能的にしろ

例えば、
A君とB子さんが結婚する。
C君が生まれる。
で、これで1ファミリー。

しかしアメリカというのは移民国家であり、人を増やしたい、人を増殖させたいという種の本能がある。
そしてDNAを残したいという本能がある。
DNAを残す。
人を増やす。
という事を考えた時に、一番効率が良いのは・・・他者とひっきりなしに交換する事なんです。

例えば、
A君はB子さんと分かれてD子さんと結婚する。
B子さんはA君と別れてE君と結婚をする。
A君とD子さんが結婚。
F子さんが生まれる。
B子さんとE君が結婚をして
G君が生まれる。

これでA君はB子さんとのC君、D子さんとのF子さんにDNAを残せる。
同じDNAより色々なDNAの方が自然界ではA君のDNAが残る率は高くなる訳です。
遺伝子的なリスクにしても、生活環境にしても。

これをアメリカは移民国家であり、他国の様に地に足が付いた、祖先から引き継いだという地盤が無い社会を生きるために、本能が求めた社会形態 。

とにかく交配を繰り返して、少しでも自身の遺伝子を残す方法を探っている。
それがアメリカの離婚社会というか、わがままな性格を造ったのではないかと思った次第です。

「THIS IS US シーズン6」を見て・・・。

うはははは。^^

まあ生物学的には正しいのかも知れませんけどとね。
種の保存の法則として。
ただそれを露骨にやる事は、通常の社会においては忌避される。
そんなグチャグチャな人間関係では社会が成り立たないと考えられて。

そして何よりそれでも問題のない国土の広さと国民の少なさという条件がある。
これが日本の様な狭い国土で人口が多かったら、気付かずに近親者の近いDNA同士で遺伝子を残して失敗するでしょうから。

でもアメリカはOK。
移民国家で、何の地盤も、決まり事もない、それでいて国土は広く、人の少ない
「自由の国」
だから。(笑)

逆にアメリカ人が「我慢」を覚えたり、調和を大事にしたり、不満を騒ぎ立てるのではなく明るく前向きに生きたとしたら・・・

発展しなかったかも知れません。
アメリカが世界のリーダーにはなれなかったかも知れません。
今頃、極悪非道の支那と西欧で戦争していたかも知れません。
そして過去の歴史が示すように西欧が負けていたかも知れません。

となると、「THIS IS US」が放送されてる社会のアメリカである限り、アメリカは強いアメリカでいられるのかも知れませんね。
何せ遺伝子を残したい意識は、世界のどの国よりも強い訳ですから。
そういう社会なのですから。

たーだ・・・
私は無理ですけとね・・・。
あんなに何でもかんでも文句を言ったり、不平不満を感じなくてはならない人生なんて、つまらないどころか、きつくて無理です。^^;

日本人らしく、楽しく、明るく、前向きに生きたいですからね。
そっちの方がストレスを自分で作り出して苦しむ人生よりも、ずー−っと楽ですし。

まあだからこそアメリカはハッピーエンドの映画やドラマが好きなのでしょうね。

本当、人類が初めて手にした不思議な社会ですね。
アメリカ。
 

もどる

(株)繁盛屋は「看板・広告」を主とし企業・お店の繁盛のお手伝いをさせていただく会社です。

株式会社 繁盛屋
〒950-0005 新潟県新潟市東区太平3丁目9-12
TEL 025-270-5555 FAX 025-270-0727
info@hanjouya.com